So-net無料ブログ作成

高岡早紀の性格・魔性の女ぶりを分析(動画あり) [芸能関係]

■高岡早紀が「櫻井有吉アブナイ夜会」で魔性ぶりを披露?

高岡早紀の性格が魔性と聞くと、

あー、そんな感じだなと、しっくりくる。

高岡早紀 可愛い画像.jpg

この動画みるだけでも、日々、周囲から「そういう」扱いを受けているのがわかる。




さて、大久保佳代子が高岡早紀とインタビューしたとき、

インタビュー後のコメントで、大久保佳世子が高岡早紀の性格について

思ってた以上に強かった

と、感想を述べているが、
その「強さ」にはいろいろな意味が込められているような気がする。

■高岡早紀は我を通す性格

2002年のロケ番組で、中世ヨーロッパの古城に宿泊することになった際、

「汚い」というそれだけの理由で、ドタキャン。

その行いがたたって、所属事務所を辞めることになったらしいけど、

そんなことは物ともせず

10年たった今でも、芸能で女優として活躍している。

うーん、強い…沢尻エリカみたいだ。

■高岡早紀は移り気な性格

高岡早紀は布袋寅泰との不倫が報じられた過去があるけれでも

その点について、

元夫の(保坂尚希)が、次のように証言しております。

彼女(高岡早紀)は移り気な性格だったので、遅かれ早かれ離婚は避けられないと思っていたんです。夜中に帰ってきた彼女から、「離婚して」と迫られたこともありました


移り気な性格ですか…夫してはヒヤヒヤですな。

ただ、浮気するのではないかと相手にヒヤヒヤさせるのは、
ある意味魅力的というか、母ではなく、女としての部分をずっと保っているってことだから、むしろ素晴らしい妻なのではないでしょうか。

女房酔わせてどうするの

っていう石田ゆり子のCMを思い出させてくれます。

まー、結局は、浮気するのではなか?と思わせるだけでなく、

本当にしちゃいましたけどね(笑)

【スポンサーリンク】





さらに、高岡早紀の性格の魔性性について
岸谷五郎(ドラマで共演)は以下のように語っております。

「彼女はスゴいよ!話していると唇にしか目がいかない。気づいたらキスしちまうよ」

気づいたらキスしちまうよ、って…

どんだけなんだ(笑)

笑ってしまいます。

■高岡早紀は母性あふれる性格

元夫の保坂尚希は高岡早紀の性格について、こうも述べています。

結構辛辣です。

(高岡早紀から離婚を迫られたとき)「子どもの問題はどうするの?」と、尋ねてみました。すると彼女は「尚ちゃんに親権をあげるから」と言うんです。…彼女は結婚して子供を産んでからも、母親であるより、女としての部分のほうが強かったんでしょう


…以上のような発言が本当にあったかどうか真偽は不明ですが、

結果的に子供は高岡早紀がひきとって育てているわけで、

(しかも三人…)

先ほどあげた動画を見る限り

高岡早紀が母親であるより、女としての部分のほうを優先させたとは思えない。

高岡早紀の場合は、

優先ではなく、両立、いや、両刀あるいは三刀でしょう。

【スポンサーリンク】




大久保佳世子がいいコメントをしています。

自分のことをすごくわかっているのがすごいなと思いましたね。高岡早紀という一人の女性で、お母さんでもあり、それでいて女優さんでもあるんですよね。「男のひとに誘われることはないから自分から誘いにいく」と言っていたのも、ちゃんと自分の状況がわかっているからなので、偉いなと思いました


最近、人妻ブームが押し寄せてきているけれども、

人妻ブームを超えて、シングルマザーブームもやってきそうな予感がする。

母親としての強さ
仕事人としての強さ
女としての強さ(したたかさ)

3つの強さが備わっていること、三刀使いであること、

そのあたりが

高岡早紀の性格が魔性と言われる所以であるような気がする。


スポンサーリンク


タグ:性格
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます